TOPVOICE 楠 友博

VOICE 楠 友博

PROFILE

マネージャー
楠 友博

農業ビジネス事業会社、外資系監査法人出身のコンサルタント 複数の事業会社を経て、多角的なアグリビジネスを展開する株式会社和郷へ参画。
新規事業開発リーダー兼社長秘書として、中期経営計画 定や新規農業ビジネスモデルの企画立案・推進、海外事業開発に従事。
その後、有限責任監査法人トーマツに転職し、下記案件に従事。 海外勤務経験あり(カンボジア/1年以上)。グロービス経営大学院 MBA取得。

1. 農業法人、農業企業に対する経営戦略策定支援・新規事業策定支援
2. 自治体・官公庁向けの地域農業振興計画策定
3. 官公庁向けのSDGs実現に向けたSTIロードマップ策定支援 等

専門領域
経営戦略策定
新規事業開発 
農業ビジネス 
海外ビジネス

現在の業務

コロニーで現在担当している業務

プロジェクトデリバリーのマネージングです。主に品質管理のことを指していて、打ち合わせの中でお客様の期待値を確認し、成果として何を望んでいるかをしっかり弊社として認識する役割を担っております。また案件の実施内容やクライアントとのコミュニケーション、案件のスケジュール管理などをトータルでサポートしております。案件実施後も継続的な関係構築を目指し、実行支援などの追加で御提案できることがあればそこもサポートしております。加えて、社内向け教育サービスなどの新しいサービスの企画開発を通じ、お客様の自走につながるためのレベルアップを図る取り組みも行なっております。

案件詳細

デリバリーでは、ある損害保険会社の新規ビジネス立ち上げに伴い、農業ビジネスモデルの策定を行いました。ここでどんな事業領域で農業ビジネスの可能性があるのかをディスカッションし、新規事業の提案のデリバリーを務めました。当該案件では、メディア事業に可能性があることを見出し、農業メディア事業の経験がある人材にも参画してもうことで具体的な提案までこぎつけました。マーケティング支援ではある商業施設のレストランエリアを持つ外食予約サイトに出店している飲食店のお客様の数を増やし、賑わせるためのコンセプト設定支援を行いました。これによりコンセプトを持たせてお客様来場数を増やし、収益を向上させました。さらに教育サービスに関しては、新規事業開発に特化したコンサルティングに加え、組織体制の構築(人材育成・教育)の支援を行なっております。ロジカルシンキング、ドキュメントコミュニケーシング、関係者とのファシリテーションのトレーニングサポートをしております。また外資系コンサルファームの働き方ノウハウを伝える活動を提案中です。

コロニーでのやりがい

裁量権が大きいことは大きなやりがいにつながると思っています。各他社ファームでのミドルキャリアの経験を踏まえて得た経験を生かして、プロジェクトへ関わっていくことができるのがいちばんの魅力です。裁量権を持って、大手ファームのように細分化された業務ではなく、全体感を持って仕事できるところが大きな仕事へのやりがいにつながります。

コロニーの印象(どんな会社か、風土や雰囲気など)

4月から転職してきてまだ間もないですが、フラットな組織で意見が言いやすいという印象は日々受けています。なんでも社内で自分が問題提起をすれば、みんなで話し合う場を設けてくれるイノベーティブな社風が大きな特徴ではないかと感じております。

なぜコロニーか

転職を考えた背景

もともと若い時から起業などに興味があり、常にスキルアップしたいというマインドを持ってここまでキャリアを築いてきました。そのため、大手ファームである程度の経験をつみ、プロジェクトを自分で動かせるコンサルタントとして自立できるスキルを身につけたタイミングで、より成長できるところ、かつ近い志を持つ人と働ける環境を求めるようになりました。

転職先を選ぶ上での判断基準

いちばん意識していたのは社長が誰であり、どんな雰囲気の方で、どんな実行プランを持っているかでした。そして自分に対してどんな役割を期待してくれているかを考えて転職先を選んでいました。また別の観点として、自由な裁量を持たせてくれながら、仕事に関わらせていただけるような職場環境は私の中で非常に重要な要素でありました。

コロニーに転職を決めた理由

スキルが足りずに周りのサポートに頼りきりになってしまうような依存関係がなく、各々でプロジェクトをマネージメントすることができるスキルを持つコンサルタントの方々が集まる会社だと感じたからです。またベンチャー気質に満ちた、規模の大きくない会社の方がより大きな裁量権や・高い自由度を持ちつつ仕事に関われると思ったため、コロニーを選びました。最終的にスキルに由来した裁量権の大きさと個人軸で仕事ができる環境というのは大きな決め手になりました。

コロニーにおけるキャリア形成

コロニーでどんなスキルが身につくのか(転職や起業にどんなメリットがあるか?)

ベンチャー企業ならではの、仕事を進めるスピード感に関する感覚は身につけられたと思います。人数が少ない中で数多くの案件を抱えているため、有限な時間の中で追求すべき品質の妥協点やバランス感覚は身につけられたと思います。また、お客様の幅がとにかく広く、ITから食品業界まで多くの案件を扱わせていただいておりますので、都度情報をインプットしていく姿勢、情報取集能力は高まったと感じています。

ご自身のチャレンジと成長について、感じていることを教えてください

新しい部門・事業のマネジメントに携わりたいと思っています。幸い会社が今成長段階にあり、今後自分の成長とともに会社も大きくしていきたいというのが私の思いです。個人的には、新しいサービスをどんどん考えて試してみることができる会社にしていきたいと考えております。最終的には起業などのアイデアに繋がればいいかなと思っています。

これからのキャリア形成について

成長過程にあるコロニーにおいて様々な案件に関わることで色々な知識やノウハウを吸収し、プロジェクト全体をスムーズに動かせるようなコンサルタントになっていきたい。そして自分でビジネスを動かせる能力を身につけて、ゆくゆくは起業などもしてみたいです。

最後に

どんな人ならコロニーにあうか、コロニーに来て欲しいか

これには結構自信を持って答えることができます。ズバリ新しい考えや思想を受け入れて、自分なりに咀嚼できる人がフィットすると思っています。他の大手のファームとは全く違う働き方をする中で、どの程度自分の心理的バリアを崩し、環境に馴染んでいけるかがキーポイントだと思います。新しいことにどんどん触れ、その度に自身の知識をアップデートし、時には取捨選択をしながら自分の道を切り開いていける人に理想的な環境だと考えています。また何を得たいかが明確であればあるほど、吸収できるものが大きくなるのではないかと思います。

コロニーで働くメリット

スキルに乗じてそれなりの裁量権をもらいながら仕事をしていけることだと思います。コンサルタントとしてスキルがあるのが前提だが、その土台さえ整っていれば自由度が高く、自らの主体性を持って働けることは非常に有意義だと思います。加えてベンチャー企業ならではの特徴ではありますが、働き方がとても柔軟であることもメリットかなと思います。