TOPNEWS

NEWS

イベント・セミナー

【無料Webセミナー:11/11開催】スタンフォード研究所発祥 アフターコロナを見据えた事業機会発見セミナー(Zoom)

ウェビナー

東証一部上場・⼤⼿企業100社以上の経営課題解決を推進するコンサルティングファーム コロニー株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役:清⽔ 勇樹、以下弊社)は、2020年11⽉11⽇(水)16時より「スタンフォード研究所発祥 アフターコロナを見据えた新規事業機会発見セミナー」を無料Webセミナー形式(zoom)で初開催いたします。

登壇者は、スタンフォード研究所発祥の旧SRIC-BI社へかつて在籍し、グローバルを舞台に豊富な事業経験を有する久次 要(コロニー(株)社外取締役)とコロニー(株) 代表取締役 清⽔ 勇樹。

アフターコロナにおいて、どのように事業機会を発見していくか、どう時流を読んでいくか、経営手法など、メソッドを初公開いたします。

セミナー概要

Furturing

コロナウイルスによる社会変化に基づき、アフターコロナを見据えた新たな事業開発の重要性が高まっています。
そこで、弊社ではアフターコロナの世界を想像するために最適なブレーンストーミングとして、弊社独自のプログラム「Futuring™」を活用した「事業機会発見ワークショップ」を提供。おかげさまで、数多くの東証上場企業・大手企業に導入、お問い合わせを多数いただいております。

このプログラムは、米国シリコンバレーのイノベーションを生み出すオープンカルチャーと、自由発想のメンタリティが根底に流れる「SRI発祥のスキャニング社会俯瞰メソッド」を、弊社独自の知見と洞察とともにカスタマイズした未来志向型のインテラクション・プログラムです。

今回は、このプログラムがどのように社会のお役に立つか、その進め方や、導入企業の活用事例をご紹介させていただきます。「事業機会の発見方法」に関する効果的な方法の1つとして、お伝えさせていただきます。ぜひ参考にしていただければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

申込⽅法/開催場所

Webセミナー(無料:Zoom)
下記フォームより参加登録をお願いいたします。おってZoom URLをご案内いたします。
https://share.hsforms.com/1BvLFJP4XTtWn18Xl1R6YEw3y0th

 プログラム

16:00 – 16:10 
『主催企業紹介』
・コロニー株式会社 代表取締役 清⽔ 勇樹

16:10 – 16:50 
『スタンフォード研究所発:不確実な環境における事業機会発見メソッドの紹介』
・コロニー株式会社 社外取締役 久次 要

16:50 – 17:00 Q&A
ご参加の皆様との質疑応答

登壇者紹介

久次 要
コロニー株式会社 社外取締役/インテリジェンス・プログラム ディレクター

富士ゼロックス、デル、ユニデン出身のGTM戦略スペシャリスト。新卒で新日本製鐵、その後入社した富士ゼロックスでは、約10年間にわたりアジアパシフィックを拠点に商品マーケティングのリージョン統括や 米国系企業マージャーに伴うAPAC地域の統合プロジェクトに参画、域内13か国を対象としたエクセキューションを推進する。デルではSW/周辺機器事業のGTM戦略、ユニデンでは社長代行及び北米販社Chairmanとオセアニア販社CEOを兼務するなど、グローバルを舞台に豊富な事業経験を有する。
スタンフォード研究所発祥の旧SRIC-BI社にも在籍していたことがあり、‘世の中の変化点’ から未来の社会課題や事業テーマを描き出す固有の環境俯瞰メソッドを活用し、日系大手企業の新規事業創出を支援。2018年コロニー参画とともにその知見とコロニーの持つ戦略ナレッジを融合した『FuturingTM』の開発・展開を主導、現在に至る。

コロニー株式会社について

上場企業・大手企業100社以上をクライアントとする戦略・新規事業コンサルティング会社。

DX、成果報酬プロジェクト、業務改善など、様々なプロジェクトを100案件/月以上、並⾏稼働で手がけております。

NPSに裏付けられた社内外500名の起業・事業開発経験者がプロジェクトを協業推進。弊社独自の「New biz dev cycle」に基づき、新規事業の企画・推進に向けた既存事業の最適化 × 事業開発人員育成・組織制度変更を一気通貫で推進。「日本の成長支援」をビジョンに掲げ、日本企業の成長、事業戦略を支援しております。

【3つの特徴】

  1. 多数の新規ビジネス促進の経験を元に、フェーズを可視化。御社のPDCAサイクルを構築
  2. プロジェクトの内容に合わせ、国内外約500名のエキスパート(事業開発・起業経験者)が案件をリード
  3. 案件推進と共に、必要に応じた社員教育・採⽤までをご⽀援。将来の最適な組織体制を構築

情報・サービス提供:対コロナに特化したサービス、経済動向レポートについて】
弊社では、コロナウイルスに⽴ち向かう企業様の⼀助になれればと、「コロナショックによる経済動向レポート」を無料公開しております。コロナの影響調査・中期経営計画などの修正に関する多数のプロジェクトを担っておりますので、情報提供、サービスの詳細案内をご希望の⽅は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

コロナショックによる経済動向レポートと弊社サービスのご紹介:
https://qolony.biz/2020/05/25/aftercorona-workshop/

【サービス内容】
・パンデミック時のBCP策定
・テレワーク導⼊と業務再設計によるコストダウン
・成果報酬型のコスト削減プロジェクト

【実績(⼀部抜粋)】
・⼩売り:⼤⼿コンビニチェーン、⼤⼿スーパー、外資系流通企業など
・製造業:国内TOPの⾃動⾞メーカー数社
・インフラ:国内⼤⼿インフラ企業の南関東、関越、東北、北海道の各⽀社
・外⾷:⼤⼿ファーストフードチェーン店運営企業など

【お客様の声(⼀部抜粋)】
・コロナが経済に与える影響、⾜元の業務に与える影響を明確化でき、社内での意思共有ができたのが良かった。
・丁度、中計を作成・変更するタイミングで、情勢の読みとIRでの報告内容を含め、纏めることができて良かった。
・コロナを機に⽣まれる新たなビジネスチャンスを議論しつつ、攻めと守りの把握・議論・明確化できたのは良かった。動いている企業はここをチャンスと捉えている。
・具体的なテレワーク環境だけではなく、業務設計とそれに伴うコストダウンまでできるのが良い。
・今まで以上に業務指⽰の明確化・コミュニケーションを密に取るルール作りが重要かと気が付いた。
・コロナ情勢を⾒極めつつも、投資すべきところ・そうでないところを明確化できたのが良かった。

【サービス概要】
パンデミックBCP策定サービス:
https://qolony.biz/2020/04/13/pandemicbcp-output/?bownowmail=__c6__

テレワーク導⼊と業務再設計によるコストダウン:
https://qolony.biz/2020/04/13/telework-problems-solutions/?bownowmail=__c6__

成果報酬型コスト削減サービス:
https://qolony.biz/2020/05/13/qolony-costreduce/?bownowmail=__c6__

当Webセミナーに関するプレスリリースはこちら

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000058824.html

BACK TO INDEX